正しい服用を | 低用量ピルを通販で買い、確実な避妊を始めよう

正しい服用を

肩こりがヒドイ

低用量ピルを使用して避妊を行いたい、そう思った時には正しい服用方法というものを知っておきましょう。
正しい服用方法と聞くと、なんだか難しい方法を想像してしまいがちですが、そんなに難しい服用方法ではありません、ある決まりを守りながら服用するだけで良いのです。

その決まりというのは「1日1錠、決まった時間に服用する」というもの、そして「休薬期間を忘れない」というものです。
低用量ピルは女性が妊娠した時に多量に分泌される女性ホルモンで作られた薬で、服用することによって脳が妊娠状態を錯覚することによって、避妊が出来るようになっています。
なので、服用する際には毎日決まった時間に服用を行わなければ体内のホルモン量が元に戻ってしまったり、逆に過剰に服用してしまうと、身体に取って悪影響が出てしまう場合があります。
そのため、低用量ピルは1日1錠、服用時間を決めて服用することによって、飲み忘れることによる避妊効果の低下や、過剰な増加を防ぐことが出来るのです。

そして、低用量ピルには21錠で1シートのものと、28錠で1シートのもの、2種類のものが有るのですが、もし21錠シートのものを使用するのなら、22目から28日目までの7日間の間、休薬期間と呼ばれるものを起こし、身体のホルモンバランスを一旦元に戻す必要があるのです。
28錠シートの場合、22錠目から28錠目の7嬢は偽薬と呼ばれる物になっていて、この7錠を服用することによって、偽薬を使用した休薬を行うことが出来るようになっています。
なので、もし21錠シートのものを使用しているのなら、休薬後の再服用を決して忘れずに行うようにしましょう。